RSSフィードのHTML変換&出力

■表示するRSS: RSSグループ:
※()内は登録されているRSSフィードの数
URL指定:

既存のRSSグループか、任意のURLを指定します。
グループには複数のRSSフィードが登録されており、各RSSフィードを1つにまとめて配信日順に表示します。
※URLが指定された場合、グループは表示しません。
■表示件数: 情報の最大表示件数を指定します。
■概要:
表示方法
表示文字数 文字 (1の場合は全文表示)
表示する情報リストに情報の概要を付加できます。(通常は情報タイトルのみ)
概要には画像やリンクなどを表示するためのHTMLタグが含まれている場合があり、「表示方法」でHTMLタグ表示の可否を設定できます。
表示文字数:概要のテキスト文字数を調整できます。
※表示文字数が2文字以上の場合、概要のHTMLタグは自動的に無効化(概要タイプ:テキストに固定)されます。
※概要にHTMLエンティティ化された文字が含まれる場合、文字数を指定すると正しく表示できません。
■HP設置用JavaScript: 設置するHPのエンコード:

※コピー前に更新してください。
←ホームページ設置用のJavaScriptコードを生成します。
生成されたコードを全てコピーし、ご自分のホームページのソースコードへ貼り付けると指定のRSSフィードを表示できます。
※ソースコードの編集はご利用のホームページ作成ソフトの操作方法に従って行ってください。

JavaScript出力サンプル
(設置先のHPではCSSを自動的には読み込みません。こちらのCSSをご自分のHPにリンクするか、独自に作成してください。[JavaScriptが生成するHTML])
document.write('

お知らせ'); document.write(''); document.write('
情報センター'); document.write('
'); document.write('
G-TAWN'); document.write('
'); document.write('
幹事会・役員会'); document.write('
'); document.write('
総務部会'); document.write('
'); document.write('
住民福祉部会'); document.write('
'); document.write('
税務部会'); document.write('
'); document.write('
上下水道部会'); document.write('
'); document.write('
保健部会'); document.write('
'); document.write('
法政部会'); document.write('
'); document.write('
');